何人育てても何年経っても厳しい養育について

児童がはじめ才になると夫人もはじめ才、児童が十才になると夫人も十才とゆう風になりますが、そんなことは乏しいなぁと思います。
児童は1箇月お日様を重ねて大きくなり、体躯も考え方や言葉色々な面で大きくなります。
でも夫人はそのたびにまた考え、悩んだり喜んだりと児童が著しくなるたびにまた一から学ぶのかなぁと思います。
児童がはじめ才になり、ヨチヨチ駆け抜けだし顔付きも目立ち喜び、二才ぐらいになるとイヤイヤ期に入り、悩んだり怒ったりします。
小学校になる頃には少しポイントが離れ、少し淋しい気分になり、の間学に混じる頃には抵抗期で、また悩んだり、怒ったりかなしい気分になります。
そうゆう繰り返しがあり、児童のことを初めて分かる部分があると思います。
喜んだり、怒ったりやり切れない気持ちになったり、さびしい気持ちを繰り返しながら、夫人はやっとはじめ才に生まれ変われるんじゃないかなぁと思います。
何年経っても、養育は辛くてたまに歓喜があり、だから苦しくてもいっぱいの夫人が頑張っているんだろうなぁと思います。
そして、何年経っても可愛情くて、次は如何なる気持ちにさせていただけるのだろうと脈動させてくれて、掴みどころの薄い児童だから辛くても、悩んでも、はじめ人になったタイミングわめきたい気持ちになっても頑張れると思います。
K-OUTが気になっている自分がいる。

何人育てても何年経っても厳しい養育について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です