夢のしている時と現実のしている時の狭間で深く考えてみた

「成婚」聞いて、愛する人間との素晴らしい毎日を思い浮かべるか、生活費や親族人付き合いなどの煩わしさを思い浮かべるか、すごく2つに分かれると想うが、こちらは以後者であった。
 それゆえ、成婚などすまいと考えていたのだが、目下成婚毎日10年を超えた。
 こちらが成婚を決めたのは、人間生投げやりになっていたときに、運よくお人付き合いをしていて、これまた運よく結婚する流れができたからですが、まったくもって果報に乗っただけなので、誰の参考にもならない。
 しかし、成婚なんてしないと考えていたはずのこちらがなぜ踏み切ったのかというと、自分に生き方に問合せを保ち、どうやって生きていこうか悩んでいたときにきた流れに乗ってみた。どうせ飽きくさい私のことだから、すぐに離れるだろう。ならば一度ぐらい成婚毎日というものを心がけるか、とかなり適当に考えたのだ。
 それが、まあどうにかこうにかケースを維持している。
 そんな適当な成婚が長続きするはずがない。間近から見ていたら私もそう想うだろう。
 こちらはどうやってきたのか。熱い熱い愛や恋心がなかった分、ユーザーを尊重するようにしてきた。家族と言うよりは同居人間に間近いかもしれない。自宅を経営する仲間とも言えるだろう。いわゆる夫婦紛争はそんなにしてこなかった。お互いが紛争や競り事が好きではないということもある。外からみると、なぜ家でそんなに気を遣うのかと思われるようなギャップでずっと生活している。
 やはり、籍を入れたとはいえ、ほか人間ですことには不埒なのである。思えば、こちらは支援人間ともそういう人付き合い方をしてきた。「殴り合いの紛争ができなければ夫婦じゃない」と言っていた才能人間がいたが、そう言う人間からは信じられない成婚毎日だろう。
 でも、人間が互い違うように、成婚もそれぞれがやりやすいように築いて出向くもののように感じる。
 この先どれくらい続けていけるかはわからないが。あとキレマッスル買いに行こう。

夢のしている時と現実のしている時の狭間で深く考えてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です